呪術廻戦116話のネタバレと感想!漏瑚の最後、戦った宿儺の言葉に涙する
スポンサーリンク

 

呪術廻戦第116話「渋谷事変34」

戦いが続く漏瑚と宿儺。今回ついに2人の戦いに終止符が打たれることとなりました。
宿儺の前に現れた裏梅という謎の人物。
ラストシーンでは倒れた伏黒が。呪詛師との戦いに負けてしまったのかとても気になるところです。

 

呪術廻戦マンガ1冊無料!アニメ全話を無料で見放題!

呪術廻戦のコミックス最新刊やアニメを見たくないですか?

U-NEXTなら無料カンタン登録で「31日間無料トライアル」を体験できます。

 

登録後すぐもらえる600ポイントで呪術廻戦のマンガ好きな巻を1冊無料で読めるほか現在放送中の

ニメ版呪術廻戦も全話見放題!2~3分の登録ですぐに使えるので是非オトクに利用してみてください。

 

無料期間中に解約すれば料金0円!

※見放題動画20万本以上!無料ポイントでマンガも読める!※

 

 

呪術廻戦116話のネタバレ

前回の呪術廻戦 第115話のネタバレはこちらから

前回のおさらい

ついに宿儺と漏瑚の戦いに終止符が打たれる

宿儺の「俺に一撃でも入れられたら呪霊(オマエら)の下についてやる」という言葉から、宿儺との戦いが続いている漏瑚。

2人は宿儺の提案により、漏瑚の得意な火力勝負をすることとなった。

戦いの中で漏瑚が出現させた巨大な隕石。

 

それによって崩れたビルを横目に、その巨大な隕石の上で向かい合う2人の姿。

 

 

合わせた両方の掌を縦に引き伸ばし、炎で矢を創り出した宿儺に対し覚悟を決めた表情の漏瑚は両手を回し、炎の球のようなものを前に突き出した。

 

炎の攻撃を炎で迎え撃とうとしていたのだ。

2人は互いに睨み合い戦闘態勢に入る。次の瞬間、漏瑚は死ぬのであった。

 

漏瑚、最期の時に流れる涙

死した漏瑚は、花御と陀艮と共にいた。「すまない」と謝る漏瑚に対し、「まだ真人がいますよ」と励ましの言葉をかける2人。

 

「真人はまだまだ強くなる。だから貴方は彼を頭に据えたのでしょう」と漏瑚に語りかけ、思い描いた未来を真人に託すのだった。

 

 

3人は再び生まれたとしても同じ自分達ではないと言うことを理解しながらも「また会える日を心待ちにしているぞ」と言う漏瑚の言葉に再会を約束するのであった。

 

すると、「我々こそ真の人間だ」と語る3人の後ろに宿儺の姿が。

 

「なんだオマエ 人間に成りたかったのか」

 

宿儺は3人の、人間そのものではなく人間の位置が欲しいという意味での真の人間だという言葉を汲み取りながらも「分かって尚、下らんな」と一蹴する。

 

 

漏瑚に対しては、「理想を摑み取る飢えオマエにはそれが足りていなかった」と言った。

 

思い描く未来も種族も全て捨てて打算も計画もなく手当たり次第焼き尽くすべきだったと、漏瑚に足りなかった部分を教え始めたのだ。宿儺のこの教えを聞くと、漏瑚は素直に受け入れるのであった。

 

 

しかし一方で漏瑚との戦いに関しては「だがまぁ、多少は楽しめたぞ」と言い、千年前に宿儺が戦った人間、術師、呪霊と比較しても「マシな方だった」と言う表現で漏瑚の強さを評価したのだった。

 

最期の時、「誇れ、オマエは強い」という宿儺の言葉に涙を流し、「何だこれは」と戸惑う漏瑚。燃えゆく漏瑚に宿儺は、「さぁな、俺はそれを知らん」と答えるのであった。

 

裏梅の登場と倒れた伏黒

漏瑚との戦いが終わり現実世界へと戻った宿儺は、炎に包まれてパチパチと音を立てながら死にゆく漏瑚を見ていた。

 

すると、どこからともなく

 

「宿儺様、お迎えに参りました」

 

と謎の人物が現れる。

 

膝をついて頭を垂れる謎の人物は、おかっぱ頭の髪型で服装は着物を着ている。

宿儺ははじめその人物が分からず、「誰だ」と問いかけていた。

 

 

しかし目を向けると思い出したように「裏梅か!!」と。これに対して「お久しうございます」と答える裏梅という人物。

 

2307分。宿儺と漏瑚の戦いの一方で呪詛師と戦う伏黒。

 

伏黒は呪詛師の不意打ちをくらい、致命傷を負っていた。

その中でも戦いを続けていたはずの伏黒は、血を流して気を失っている。

 

しかし、敵のはずの呪詛師は焦ったように「起きろよ!!クソ術師!!」と叫んでいるのだ。

 

その呪詛師を正体不明の大きな影が覆っている。

 

スポンサーリンク

呪術廻戦の漫画を今すぐ無料で読む

 

呪術廻戦14巻が1月4日配信!電子書籍サイトU-NEXTを使うと「呪術廻戦」の最新刊や過去の単行本を無料で読むことができます。

U-NEXTでは31日間無料トライアル期間があり登録するだけで600円分のポイントがもらえるのでそのポイントを利用して単行本を1冊料で読むことができます。

 

最新刊を読むもよし、アニメの続きから読むもよし!現在絶賛放送中のアニメ呪術廻戦無料で見放題

呪術廻戦の漫画を読みたい方は今すぐ「31日間無料トライアル」を使ってオトクにマンガを読みましょう。

 

▲※無料期間中に解約OK!その場合料金は一切かかりません▲

 

呪術廻戦第116話の感想

宿儺との戦いでついに死した漏瑚ですが、最後の瞬間は感動ものでしたね。

呪霊と言えど、あの宿儺に強いとまで言わせた漏瑚の戦いが今後見られないのは少し残念です。

 

そして登場した裏梅という謎の人物。宿儺とはどんな関係なんでしょうか。会話からすると、千年前からの関係なのが推測できます。

 

また、ラストシーンでは倒れる伏黒が。呪詛師との戦いで一体何があったのか、伏黒サイドにも注目ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事